普段生活している中でものを買うこと場面は多くありますよね。

そんな時、何気に目にしているものとしてお会計のシステムに用いられている様々なテクノロジーが挙げられます。

何だか物々しい言い回しに感じるかもしれませんが特別なことではなく、ここでいう普段目にするテクノロジーとは主に電子管理が可能となったレジのことを指します。

パソコンのソフトの部分が日に日に進化していく中で各企業、様々な工夫を用いたレジ業務の簡略化が行われています。

例えば、注文時に伝票を発行し、お会計時にその伝票に付随されているバーコードを読み取り機械で読み取るだけで清算金額が瞬時にレジに反映されたり、レジにタッチパネル形式で商品を表示しタッチするだけで金額が表示されるもの等があります。

前者は主にレストラン等で良く目にし、後者はスーパーマーケット等で良く目にしますね。

これらの便利なシステムは消費者に対しての公明性の向上と共に、レジ業務に携わる従業員側の負担の軽減にもなります。

企業にとっても人材教育に掛かるコストと時間の節約にもなりますし、レジという混みあう場所の性質上、テクノロジーの進化は大きなメリットを受け取れると考えられます。

日々のお買い物の際にこういった会計システムを意識して観察すると面白いかもしれません。